中の人のプロフィール

中の人
こんにちは。
いつも素性不明なcoffeebreakの中の人です。




ブログの書き出しはいつもこんな風に語ってますが、twitterではちょっと休憩さんとか、アカウント名の@ra_cer_Xと呼ばれてます。
Webデザインのアドバイスをツイートする事が多いので、たまに「先生~」とか呼んでもらってますが、実物は転々と転職を繰り返したちょっとだらしないWebデザイナーの人なのです。

良い時と悪い時の波が大きくて、8年くらい働いた会社もあれば半年で辞めた会社もあります。
おまけでリストラも経験してますw

なのでブログは私の経験値をもとにしたこの2つが多いです。

・Webデザイナーになりたい人向けのお悩み解決の手助け

・デザインノウハウを公開してデザイン力向上の手助け

そのインプットしてきた情報をアウトプットする為にcoffeebreakというブログをはじめています。
運営はちょうど1年すぎた頃で、そろそろしっかりしたメディアにしていきたいと計画しています。
名前の通り「休憩とか休息」なので、お昼間とか電車帰りの時間に流しながら読んでほしいです。




Webデザイナーを選んだきっかけ

きっかけは強みを持つ競合に比べると、デザイン力で勝る事がほとんど無かった事です。
それまで、デザインの習熟は独学でやっていてデザインに関わる事はなんでも覚えていきました。
若いからなんでも吸収できるとか聞こえは良いけど、「自分の人生に選択の戦略がない」やり方でしたね。

詳しく書くと、
20代でWeb制作映像制作動画撮影写真撮影CG制作を独学で覚えて一通りこなしていたのですが、「どれも平均的または、それ以下のレベルだな」というのを専門業者の仕上がりを通じて感じる毎日でした。
伸び悩みの時期もちょうどこの頃で、「質が下がった」「ミスが増えた」とか、そんな理由から長年勤めた会社でもリストラ宣告を受けたのです。

若い日の思い出はいつか語りたいのでここで割愛しますが、まだ勤めているうちに自分の強みを分析して、方向性を探っておけば「もっと強い武器」「勝ち続ける領域」にもっと早く進んで行けたのかなと思っています。

本物のWebデザイナーを目指し2年間かけ「選択の戦略」を実行する

32歳くらいだったかな?「全てに力を注いでも評価をもらうのは無理、勝ち残れるジャンルに注力してレベルを上げよう!」と決断しました。
リストラ後に勤めた会社と平行して全てのWebのみに注力する「選択の戦略」を進めていきます。

  • 新たにWeb案件を一通りやり実績を作る(CMS案件を複数)
  • デザイン案やコーディング作業をスポットでこなす
  • 年齢的評価からディレクションスキルも見られるのでフロント業務もこなす
  • 独学ではない根拠を身につける

この4点を働きながら時間を作って身に付けていきました。
すでにやってきた事ですが、さらに質を上げて行く為に独学ではなく、ある時は優秀なデザイナーやエンジニアに技術を教えてもらったり、フリーランスで仕事を取ってきている友人に案件を紹介してもらったり、大手企業のセミナーに参加して最新のワークフローを学んだり、徹夜で勉強と実績作りを続けた日々だったのをおぼえています。

そんなWebへの注力(仕事も勉強も)を約2年程続け、それまで遣ってきた技術の根拠付けとして、国家資格のウェブデザイン技能士2級を取得。そしてWebだけの業界へ転職をしました。




趣味はギターと車

高校生の時に楽器をはじめる人が増えたから、私もギターを初めました。
ギターって持ってるだけで、モテたり人気がでるみたいですね。当時初めて良かった良い思い出です。
大人になってからバンド熱が再燃して社会人OKのギタースクールに通いました。

やはりプロのレッスンで演奏技術を叩き込まれると、裏付けがあるので身に付きやすいですね。

ギターの腕前は?

様々な人脈や運も良かった事もあって有名なライブハウスで演奏する事ができました。
ギターは楽曲を作れるレベルまで達したので、次はドラムとかやってみたいと考えていて、実はまた音楽スクールでドラムの勉強しようと企んでいます。
今まで独学でスキルを身につけてきたけど、遠回りばかりの人生だったので趣味はショートカットします。時短です。
これからWebデザイナーを目指す人には独学でも良いと思いますが、できればしっかり学べる環境を探してデザイン力を養ってほしいなと過去の経験から思ってます。

もうひとつの趣味は車

スポーツカー中心で乗り継いできました。「湾岸ミッドナイト」という漫画が好きで、いつかS30(車の型式)っていう車に乗りたいと企んでいます。

気がついたら自分の趣味をお金に変えていた

ギターやってると憧れのギタリストができます。
私の憧れのギタリストは世界中で活躍している人でジャパンツアーの時はライブを最前列で観ました。
チケットにサインを書いてもらった時は、これ「front row」だよって伝えると喜んでもらえたのがうれしい思い出ですね。
そして運良く(ちゃんとしぶとく営業したw)ご本人を撮影できる機会をいただいたのも貴重な経験です。
 ※私のtwitterアカウント@ra_cer_Xはこのギタリストが所属するバンド名から拝借してます

お金に変えるコツは専門性を持つこと

車好きの人ってなぜか車名と一緒に型式を覚える人多いですよね。私もそうだったのですが仕事にいかせました。
BMWやフェラーリ、ランボルギーニといった高級車を扱うアフターパーツメーカーのWebサイト制作に携わった時、車の説明が全て型式なのです。
クライアントからは「業界の専門用語を理解してくれるからありがたい」と評価をいただきマニアックに精通する事で競合する制作会社との差別化する事ができるのを学びました。
これ、案外重要かもしれませんね。

Webデザイナーだけど映像制作も得意

Web制作のみで戦う為に封印した映像制作ですがさわりだけご紹介します。
撮影したり、編集したり、CG作ったりもしました。海外でお仕事する機会もありました。
古い友人は今でも「映像やってるの?」「機材の事教えて!」「@ra_cer_Xさんは映像だよね〜」と言われます。

今は動画の時代って言われているけど

スマホ普及と5Gという通信速度の普及、動画メディアの拡大は伸び続けていく分野です。
「だったらアピールして仕事にすればいいじゃん」と思うのですが、過去の実績は「自分の人生に選択の戦略がなかった」ものばかりです

復活させるならやはり「戦略」が必要です。
動画メディア業界はすでに組織が確率されていて、私個人が関わった所で組織の隅っこで淡々と編集するだけがオチだと考えています。個の力をどう活かすか「戦略」を考えてからの復活なら有りですね。




今の夢はデザイン関連の出版

デザイン関連の内容が良いのかまだまだ手探りだし、実現性がまったく見えない目標です。
リストラされても腐らず世帯年収を1000万弱まで伸ばしたり、どうやれば趣味をお金にかえる事ができるかを考えたりする、しつこくて粘り強くてしぶとい性格の人なので、いつか何かの形で出版する力を掴むと信じています。
※奥さん曰く「心が折れそうで折れない人」らしいです

夢を叶えるのに必要な5つの秘訣

私がデザイン業界でしぶとく生き残っていく秘訣が5つあります。

①自分の武器を考える

②新しい領域を考える

③選択の戦略を考える

自己紹介記事でお伝えした内容ですね。
さらに飛躍する秘訣があって、

④個性をつぶさない

⑤あきらめてもいい

この5つの秘訣をもう少し深堀りしながら出版しやすい領域を見つけながら出版への手がかりを探していきたいです。

Webデザインのご相談はtwitterからどうぞ

お悩み相談は@ra_cer_Xまで。
私は自分の足りない物が何か考えて自分なりに解決してきました。きっとお役になると思います。
あ、念のためですがアドバイスする事を目的としてデザインノウハウを公開しているので、仕事の依頼は受け付けておりません。

さいごに

まだまだ私の事を知ってる、興味がある人は全然いないでしょう。twitterをはじめたのはその為で、まず知ってもらう、そして興味を持ってもらう事を目標にしています。
未経験からWebデザイナーを目指したい人、独学で進んできたいけど伸び悩んできた人、転職したけどちょっと上手くいってない人。デザインの勉強はできるけど「何か足りない」「足りない物は分かっているけど行動できない」とか悩んでいませんか?

なにか気になる事があればご相談ください。