ランディングページ(LP)にエディトリアルデザインを取り入れる。ふきだし装飾編




デザイン技術のひとつでエディトリルデザインというやり方があります。
雑誌編集にたずさわるデザイナーやディレクターなら聞きなじんだ用語ですが、ネット広告業界に入りたてのデザイナーさんには聞き慣れない用語かもしれません。

実はすでにランディングページ(LP)デザインに取り入れられている手法なのです。
ただ、「効果的に使うにはどうすればよいか」はそこまで言及していませんし、情報が公開されていません。
将来的にはなぜエディトリアルデザインを取り入れるのかの答えを残したいと考えているので、複数回に記事を分けて紹介したいとと思います。

実は過去にマーカーを使ったエディトリアルデザインを取り入れてみようという記事を紹介しているので過去記事も参考にしてください。
【関連記事】
ランディングページ(LP)にエディトリアルデザインを取り入れる。マーカー編

今回は装飾を紹介します。
そして、ご紹介する手法はどのようなクリエイティブに合わせていけば効果的かの一例も紹介できればと思います。

定番のふきだし装飾

ランディングページ(LP)デザインでふきだしを使う時はユーザーボイスとか人物素材に吹き出しを付けて
悩み訴求のデザインを作ったりするのではないでしょうか?

エディトリアルデザインを施したふきだしは、同じような使い方も可能ですが、効果的にデザインするならちょっとした文言をさりげなくあしらう時に効果的です。

さすが、雑誌編集で活用している手法ですね。ネット広告のデザインでも全然ハマります。
エディトリアルデザインを施したふきだしの良い所は、従来の限定的に活用する吹き出しに比べて様々なコンテンツのちょっとした付け足しで扱う事ができるのでデザインスキルの一つとして学んでおくと良いと思います。

ふきだしデザインはどこで手に入る?

イラストACというサイトは私がお世話になっている素材サイトで、ふきだしや手書き風の素材は豊富に手に入ります。

イラストAC

同じイラストの作者でランディングページ(LP)デザインの素材をそろえると品質もぶれないのでおすすめです。

エディトリアルデザインはどのようなジャンルに効果的か

まず、今回のふきだしと前回のマーカーは同じランディングページ(LP)デザインで使ってもハマると思いますが、どのような雑誌で使われているかを考えながら扱うとバランスが取れると思います。

①カーニングを効かしたマーカーなら、VERY,BAILA,inRedといった30代大人女性をターゲットにしたデザイン。
②手書き風のデザインを活かしたふきだしなら、ViVi,Seventeen(※ほかにもあるかと)10後半〜20代をターゲットにしたデザイン。
もっと大きな軸で分けると①が赤文字系で②が青文字系で考える。(※今はもっとジャンルの細分化が進んでいるけど、デザインを分けるなら大きくこの2つが考えやすい)

デザインジャンルをまとめた外部サイトもあるのでこちらも参考にしてください。
女性誌にみる女性向けデザインを研究したまとめ

エディトリアルデザインを活用するのは、ターゲット層の年代や雑誌の系統からデザインを絞り込む事ができます。
さらに、雑誌モデルとタイアップして広告プロモーションを考えるなら、このあたりのデザイン軸をしっかり研究しておく方がいいですね。

今回はふきだしを軸にどのようなデザインジャンルが効果的かを書きました。
他にも使えるものはあるのでまた紹介しますね。

ランディングページ(LP)にエディトリアルデザインを取り入れる。マーカー編

2018.05.04

この記事はここまで!
ここからはよく読まれる記事をまとめてご紹介します。ひとあじ違うデザインに出会えるかもしれません。

【簡単!】気持ちのよい文字組み(カーニング)をマスターしてWebデザインスキルを磨こう!

2018.11.24

化粧品・コスメで訴求がしっかりしているランディングページ(LP)のデザイン6選

2018.01.28

【第1回】未経験でも大丈夫!Webデザイナー志望の方へデザインノウハウをアウトプットします!

2018.10.15

【第5回】未経験でも大丈夫!Webデザイナー志望の方へデザインノウハウをアウトプットします!

2018.11.13

【Webデザイン上達のコツ5選】普段の生活の中で、デザイン力を身につける方法!

2018.11.23


お気に入りの情報
が無かったでしょうか?
この記事の最後にデザイン情報やノウハウをレコメンド形式でご紹介しています。

お求めの記事に出会えますように。



スポンサード広告 by google