【第13回】未経験でも大丈夫!Webデザイナー志望の方へデザインノウハウをアウトプットします!




中の人
こんにちは。
実は掃除大好きなcoffeebreakの中の人(@ra_cer_X)です。

この記事は未経験の人や新米Webデザイナーさん向けに定期的に記事をまとめたコーナーです。

最近はデザインノウハウに加え、お悩みや仕事の事、Webデザイナーの年収といったリアルな部分が分かる記事をアウトプットしています。そのあたりは追々お伝えしますね。

13回目はこのようなニーズがある人におすすめです!

アウトプットをまだ試した事がない人

会社の情報共有がめんどくさい人

アウトプットがめんどうな人

ぴったりな記事を用意しているので見ていただければと思います。

私のtwitterアカウントはデザインノウハウ記事を探しツイートを繰り返していますがbotではないです。
全て人力で様々なネタを粘り強くピックアップしています。そうする事で、twitterのフォロワーさんが私に何を求めているのかが見えてくるのです。
案外いいねが少ないけどエンゲージメントが高かったり、クリックしてたりする表に見えない良質な記事もいっぱいあるんですよね。

どんどん記事のジャンルを変えてフォロワーさんの反応を見て、Webデザイナーはどのようなネタに興味関心が強いかも分かってきます!

求めている事が分かると、徐々にヒアリングや情報のくみ取り方法が分かってきます。もっと情報発信が上手くなるとライティングもターゲットに寄せて書く事もできるようになってきます。

アウトプットするだけで、プラスになる事が沢山あるのです。

ではさっそく確認していきましょう!

前回の記事はこちら
第12回twitterアウトプットのまとめ記事

てっとりばやく過去の記事を全て一気読みしたいかたはこちらからどうぞ
厳選100記事を一覧にして14,000文字にまとめてみました

中の人
いろんな記事をみたのと、私の経験からピックアップした記事をツイートしたよ。

フォロワーが良いと評価したデザインノウハウの紹介

最初の記事

新人Webデザイナーが、Webの勉強を2200時間してみて気づいたこと – IT系女子ログ

概要
ツイートには私の見出しも加えてみました。

<ツイート見出し>
転職してからも2200時間使ってWebデザインの勉強をした記事です。読んだ感想は転職がゴールではなく続けることが大切なのかなと思いました。プロになるにはまだまだ勉強時間が必要ですね。

<コメント>
IT系女子ログさんの記事ですね。この方が配信する情報はボリュームもあり読み応え抜群な記事が多いです!※多分全てそうだろう。
記事で紹介している2200時間は、1日2から3時間をデザインに時間を費やすと10ヶ月以上はかかるので、実際に未経験から勉強して新人デザイナーを卒業するまでの時間として妥当な時間だと思います。

次の記事

デザインで複数の色を使うときに、バランスよく配色するコツ

概要
ツイートには私の見出しも加えてみました。

<ツイート見出し>
【おすすめ】言い過ぎかもしれないけど見出しと画像だけで配色のセンスが身につきそうな記事 (´,,•ω•,,`)パッと見で理解できる内容なので、電車帰りに読んでみてください (´,,•ω•,,`)

<コメント>
配色記事をいくつかご紹介したところこの記事がフォロワーさんの反応もよくクリックしてもらいました。
記事を見るだけで配色のコツが「なんとなくこうなのかな?」とイメージできる内容になっていて、読み返えしやすいです。

評価されたデザインノウハウについて

配色記事を中心にピックアップしていたのですが、配色パターンの勉強記事が多かったです。
とほうもない数の配色数を覚えるのは大変です。とても全てを覚えれるものではないですね。
そのような記事の中でご紹介したおすすめ記事にフォロワーさんが注目したのではと考えています。

同じ期間中にツイートした残りのデザインノウハウ記事の紹介

ご自身にプラスになりそうな記事があれば覗いてみてください。
皆さんの技術向上につながればと思います。
※ナカグロは私のツイート見出しです

素人でもプロ並みの配色ができるデザインパターン参考サイト21選
・【便利!】配色パターンがわかるサイトをズラッと紹介している記事 (´,,•ω•,,`)中にはビューワー付きのサイトもあって選択した色をデモサイトで確認もできます (´,,•ω•,,`)

コピペで使えるおすすめの配色パターン見本集 25
・【ありがたい】私は配色を言語化して説明するのがヘタクソな人です(´・ω・lll)でも、この記事みたいにジャンル別のパターンがあれば説明しやすかったです (´,,•ω•,,`)16進数のコピペもできるので使ってみてください。

色彩ルールから学ぶ Webサイトの配色パターンを決める方法
・【読みやすいです!】配色ルールを1記事でわかりやすくまとめている記事です。色相彩度やトーンとかPsで聞き慣れた言葉で説明してる親切な内容でした。後半の色印象リストも豊富です (´,,•ω•,,`)

残りのデザインノウハウ記事について

残りの配色記事のご紹介ですね。配色見本集の記事で、なんだかデザインの勉強をしていた若い頃を思い出しました。
当時は勉強嫌いだったので、もう少し基礎を身につけておけばと反省しています。
そんな性格なので今の仕事でも配色迷子になります。探してきた配色記事を活用してWebデザインにいかしたいですね。

さて、第13回はここで終了です。
配色の勉強はこのへんにして次は「面接」を題材にした記事をまとめてアウトプットしていきます。

この記事はここまで!
ここからはよく読まれる記事をまとめてご紹介します。ひとあじ違うデザインに出会えるかもしれません。

【酵素編】ダイエット訴求のランディングページ(LP)を調査してデザインを3つ選んでみた

2018.10.13

【新企画】Webデザインとフォトショップのクイズをはじめます!

2019.01.05

化粧品・コスメで訴求がしっかりしているランディングページ(LP)のデザイン6選

2018.01.28

そのフォント使ってる?「NexusFont」で大量のフォントを管理してPCの負荷を抑えよう

2017.11.12

良い構成のCVエリアのアイデアをいろいろと考察してみる

2017.12.24

日本語フリーフォントお探しですか?未経験・新米Webデザイナーさんにおすすめなフォントを選んでみました!

2019.02.11


お気に入りの情報
が無かったでしょうか?
この記事の最後にデザイン情報やノウハウをレコメンド形式でご紹介しています。

お求めの記事に出会えますように。



スポンサード広告 by google