スマホランディングページの画像隙間。CSSで解決できない落とし穴。




いつものようにせっせとスマホ用のLPをコーディングしていたら画像と画像に1pxの隙間がある事が分かった。

画像は背景画像に1pxの線を合成したもの。実際の確認でもこのような線が出る場合がある。

でも、おかしい。

いつもはこのような隙間はでないのに・・・
CSSリセットが効いていないのかなとファイルを見直しても問題がない。
画像の縦幅が奇数なのかなと画像ファイルを見直しても問題がない。
※画像を偶数の縦幅でスライスする事で半分の解像度で表示されても奇麗に線が表現できます

1pxの線を半分の解像度で表現すると0.5pxでぼやけた線になるのです。

これが落とし穴!

では、なにが問題なのか。
原因はこれ。


画像はGoogle Developer Tools でスマホサイズを確認したもの。

iPhone6でコーディングすると750pxの半分で表示されるから、375pxになるのになにこの数値???

CSSや画像幅でもないこの原因の正体はmetaの記述でした。
iPhone6から横幅が750pxだから画像の切り出しを750pxにしていただけというミスで、結局metaで全体を320pxで自動制御させていたので意味ないことを続けていたというお話。

で、この問題を解決するmeta情報はこれ。

【正】

【誤】

これできれいに表示されます。

やれやれだぜ。

この記事はここまで!
ここからはよく読まれる記事をまとめてご紹介します。ひとあじ違うデザインに出会えるかもしれません。

【簡単!】気持ちのよい文字組み(カーニング)をマスターしてWebデザインスキルを磨こう!

2018.11.24

化粧品・コスメで訴求がしっかりしているランディングページ(LP)のデザイン6選

2018.01.28

【第1回】未経験でも大丈夫!Webデザイナー志望の方へデザインノウハウをアウトプットします!

2018.10.15

【第5回】未経験でも大丈夫!Webデザイナー志望の方へデザインノウハウをアウトプットします!

2018.11.13

【Webデザイン上達のコツ5選】普段の生活の中で、デザイン力を身につける方法!

2018.11.23


お気に入りの情報
が無かったでしょうか?
この記事の最後にデザイン情報やノウハウをレコメンド形式でご紹介しています。

お求めの記事に出会えますように。



スポンサード広告 by google