グーグルアナリティクスのデータ保持期間メールって何?5月25日から何が起きるかをいろいろ調査してみた

ちょっと前にグーグルから「一般データ保護規則(GDPRに関する重要なお知らせ)」と謎のお知らせが届きました。
どうやらグーグルアナリティクスのお知らせのようです。

一体「データ保持期間」って何?
難しいメール文章だからしっかり理解するのに時間がかかりそうなので、今回はネット情報が落ちてないか探してみました。

ちなみにグーグルアナリティクスは皆さん活用してますよね。
デザイナーさんもデザインするだけでなく、ユーザー動向から分かる数値を根拠に構成案やデザインができるようになると広告デザインの強力な武器になるので時間をかけてでも身につけておくと良いと思います。

グーグルアナリティクスのデータ保持期間について調査する

データ保持期間の設定方法は記事の最後にリンクを付けているのでそこから確認してみてください。

まずこの情報は何者なのかをざっくり理解する

紹介していたのはここ。
Google アナリティクスの「データ保持」期間が設定可能に。デフォルト期間が26か月になっているため確認・変更を行いましょう

昔、とあるセミナーで見た事ある人です。グーグルアナリティクスの情報発信をしていますが現段階では未確定情報も含んでるので詳細が書いてないようです。ここで分かったのは「過去のデータが見れなくなる」ぐらいでした。

私が気になるのは、どこからどこまでのデータが見れないのか、イベントトラッキングのようなトラッキングデータは全部過去のデータが見れなくなるのかといった事だけど、そのあたりは公開してなかったので残念です。

グーグルアナリティクスのサポートで調べてみる

アナリティクスのサポート

設定は 2018 年 5 月 25 日以降有効になるというのと、集約されたデータは影響を受けないらしい。
もう少し丁寧に教えてほしいなぁ。

因みにフォーラムで書き込みがないか調査してみましたが、内容がしょぼかったのと質問と解答がずれてるので今後情報が充実するのに期待してスルーします。

こうなった、もう片っ端から記事を読むことにします。しかし、残念な事にほとんどのページがコピペのコピペのコピペで構成された記事でカス情報しか載っていません。

気になる情報を発見!

もうめんどくさいやとあきらめかけた時に偶然良さげな記事を見つけました。
それがここ。
【緊急】Google Analyticsのデータが消える?「データ保持」期間の設定が追加に

グーグルがEU圏の個人情報を意識した対応やとりあえず自動で削除されない設定にしておくといった紹介以外にもう少し踏み込んでデータのどの部分が対象なのかを公開していました。
対象となるのがユーザーエクスプローラーのようです。

「ユーザーエクスプローラー」が対象

ちなみにユーザーエクスプローラが詳しかったのがここ
Google Analyticsの「ユーザーエクスプローラー」を理解しよう

グーグルアナリティクスでは訪問したユーザーごとに個別のIDを振り分けているようで、その履歴が分かる機能のようです。
このようにユーザーの深い情報がEU圏の個人情報保護に引っかかるのではないかと読んでいて思いました。

まだまだ情報が出そろっていないけど保持期間はどうしておくのがよいか

現段階で分かっているのはサマリーで確認できる日々の数値はデータが残る形で、ユーザーエクスプローラーのような深い深い分析ができる機能はデータ保持期間を設定できるようにするみたいです。

ECサイト(ランディングページ(LP)も含む)はユーザーエクスプローラーの機能はなにか役立ちそうな印象もありますが、ユーザー情報をそこまで深く追っていないならデータ保持設定はそのままでもいいのかなと思ったりもします。とはいえ、まだどうなるのかわからないのでデータ保持の設定は確認しておいた方がよいと思います。

設定方法はこの記事から確認してみてください。
【必読!】グーグルアナリティクスデータが消失する!5月25日までの対応がマスト必要!?

私の記事でもそのうち設定方法の紹介をしたいと考えてますが、内容が一緒なので今は転載にします。

さいごに

今回気になる情報を公開していたdigitalidentityへもう一つ質問をなげてみました。
そう。イベントトラッキングはどうなるのかですが、残る(断言ではない)そうです。

digitalidentityの管理者さんは返事がとても早くて的確な回答だったので助かりました。
ありがとうござます。