フォント探しに時間かけてない?「Identifont」でフォント検索してみよう

ランディングページ(LP)のデザインは多彩なフォントを使い分けて表現されています。
だから、自社で保有していないフォントとかは結構あって、参考にしたいデザインに近いフォントを探すのに一苦労じゃないでしょうか?

私もフォント探しにはかなり時間を使ってしまうほうなので、画像からお気に入りのフォントを見つけるサービスとかあったら良いなと思っていました。
調査してみたけど、英字フォントはありそうなのですが英語サイトで使いにくそうなものばかりでした。
最終的に妥協して落ち着いたのが「Identifont」というフォントの形状から近いものを紹介してくれるサービスです。

フォント管理の定番「NexusFont」も活用してください。

近しいフォントを紹介してくれるIdentifontとは

アキネーターってサイトご存知でしょうか?
ランプの魔人があなたの心を見通すサイトで、有名人やタレントの名前をアキネーターのプログラムが「YES、NO」形式で質問して名前を当てるサービスです。
アキネーターのURL

Identifont」の仕組みを似たような感じでフォント形状を選択式で質問していきます。
で、フォント名や情報量によって質問数は変化しますが、有力候補をピックアップしてくれます。

様々、企業サイトやブロガーさんが「Identifont」を結構当たると紹介していますが私の場合は半々かな?あまり当たりませんでした。
Identifont」は全てのフォントを登録しているわけではなく、サイト内で抱えているフォントの中から近しいフォントを紹介するので特定のジャンルにかたよったフォントは弱いかもしれません。

でも、永遠とフォント探しの旅をするよりは時短になると思うのでおすすめします。

Identifont 形状検索の使い方

まず、気に入ったフォントを用意します。今回はモリサワフォントに入っているA1明朝です。
精度を確認したいので、仮想ペルソナとして、HABAのランディングページ(LP)のデザインが気に入った事を前提でサービスを使ってみます。

それでは、キャッチコピーのフォント「高品位スクワランたった1滴で毛穴・小じわが!」で検索をかけてみましょう。
※候補不足も考えられるのでランディングページ(LP)全体を確認してフォントをピックアップします

計上別フォントから質問に答えていく


画の形状からはじまります。どうやら、明朝なのかゴシックなのかを見極めるようです。


「さ」の特徴を聞かれていますが、キャッチには「さ」がないので不確定します。


「り」の特徴です。見つかったので1画を選択します。

このように、設問を次々に応えていきます。
見つからない文字は全て不確定でもOKです。

果てしなく答えていった結果

答えがでました。小塚明朝 Bです。

なぜ、ボールドなのかはおいといて、まぁ、それっぽいフォント候補をピックアップしてくれました。
この中から、使用フォントを選定して自分のデザインに落とし込むといった形です。

さいごに

本当は、近しい答えより正しい答えの方がいいのですが、もしかするとフォントが同じでデザインを参考にして制作したらそっくりなデザインができてしまうかもしれませんね。
近しいフォントくらいがちょうど良いかもしれません。

フォント形状検索サービス「Identifont」
Identifont

スポンサード広告 by google