化粧品・コスメで訴求がしっかりしているランディングページ(LP)のデザイン6選

ランディングページ(LP)をデザインする時、一度は参考サイトを閲覧した経験はないでしょうか。私も様々なデザインのテクニックを自分の成果物に取り入れてクオリティを上げてきました。

最初は奇麗なデザインを参考にしていたのですが、訴求や構成といったフレーム部分を勉強する事がランディングページ(LP)制作のレベルアップに繋がるのかなと感じて今ではクオリティが最優先でなくなっています。

化粧品・コスメで選んでみたデザイン

化粧品・コスメ編は、「ランディングページ」「デザイン」で画像検索して奇麗な仕上がりより訴求がしっかりしてそうなデザインを紹介していきたいと思います。

【関連記事】
【厳選】化粧品(コスメ)のランディングページ(LP)ファーストビューデザイン7選

狙ったキャッチコピーで訴求したデザイン


ナノアルファ(SP)
ターゲットに合わせた女性イメージ画像が「年齢感」「同窓会」というキャッチコピーに繋がっているし「ぷるぷる」といった単純なキャッチが訴求として分かりやすい。
※同窓会は30歳、40歳とかキリの良い数字に合わせて行う事が多いので狙っていると思う

喜びの声96%にユーザーボイスの訴求を詰め込んだ構成を最初に持ってきているのも効果があると思う。
悩み訴求で使っているくしゃくしゃの背景紙が、不安なイメージを演出していているのも伝わりやすい。上手く笑えないという日常の悩みが自然に想像できた。

動画で商品イメージを訴求したデザイン


花欄咲(SP)
女性育毛と動画の訴求が分かりやすい。動画に負けないくらい存在感のある満足度の訴求がしっかり目立っている。さらに満足度を紐付けする為に直下のコンテンツでTV放送、雑誌紹介で信頼性を強調しているのが抜けないと思う。
ユーザーボイスの画像が実在の人物画像を使用しているのもよい。

膨大な情報量をコンテンツごとに纏めたデザイン


ハーブガーデン(SP)
自然派を謳うデザインは、情報量が多くまとめるのに苦労するが、コンテンツごとに目が止まる仕上がりでセンスよくまとめている。
そのなかでも、SNSを意識したユーザーボイスのデザインは新しさを感じる構成だ。

PCならどのようなデザインで訴求しやすいか

同じように「ランディングページ」「デザイン」で画像検索してPCデザインも調べてみました。
PCデザインは横幅を活かせるのでSPとは違ったデザインになりますね。

端的なキャッチコピーで訴求したデザイン


アスタリフトホワイト美白トライアルセット(PC)
シミに届くという大胆なキャッチコピーがインパクトがある。凝ったデザインにしなくてもすでに完成している構成になったのではと思ってしまう。
高品質な商品画像もランディングページ(LP)のクオリティを高めている。やはり高品質な素材はデザイナーの助けとなるだろう。
商品に合わせた配色も勉強になるし、れい明朝(フォント)を採用しているのも年齢層に合わせたイメージを考慮したと思う。

女性素材の使い方が上手いデザイン


エルシーノ美白美容液(PC)
美白とシミ訴求にあった白ベースのみずみずしいデザインが印象的。
フォントもよく見るとグラデを付けていて作り込みをしっかり行っている。
シミというマイナスなイメージを与えずデザインの美しさで商品の価値を高めているデザイン。
高い満足度を訴求するのに複数のデータと女性オメージ画像を組み合わせた構成にしてインパクトと信頼感を合わせて伝えている。

長文のキャッチだが分かりやすく整頓して訴求しているデザイン


マキアレーベル(PC)
商品、キャッチコピー、顔画像を並列に配置した代表的にランディングページ(LP)の構成。
高品質な商品画像を使用して高いクオリティを維持している。
3行に分けたキャッチコピーはでそれぞれ色分けと訴求内容を合わせて伝えやすい工夫をしている。

今回は画像検索からランディングページ(LP)のデザインをピックアップしてみました。

【厳選】化粧品(コスメ)のランディングページ(LP)ファーストビューデザイン7選

2018.05.20

化粧品・コスメ以外のジャンルでも気になるものを見つけて、ご紹介できればと思います。

スポンサード広告 by google