CVボタンデザインって案外時間がかかる!だからまとめファイルを作成しよう

ランディングページのデザインは例えるなら商材ごとに置き換えが効かない訴求を打ち出していきますよね。さらに勝ち構成が見えてくるまでは様々なデザインを考えていく必要があり細部の細部までどんな簡単な事でも調整が必要な場合もあります。
特にCVボタンデザインはABテストしやすい(CTRが変わったとかの説明がしやすい部分)なので良い構成があればどんどん試していくのではないでしょうか。

ボタンをひと工夫する事でCTRの改善がみこめる

手を付けるとすればテキストとデザインの2つですが今回はボタンデザインについて書きます。

・四角ボタン・角丸ボタン・丸ボタン

よく見かける形はこの3つ。あとは、角丸の丸みが大きいのもある。

デザイン
・フラット・グラデ・立体的

フラットなのはサービスやツール系。グラデは通販でよく見かける。立体的なのは、ジャンル様々といった感じ。

演出
・アニメーション・矢印等・※追尾(おまけ)

矢印のデザインはシンプルですが、様々ですね。こったものは矢印にアニメーションがついていたり、ボタン追尾とかもある。

・赤・オレンジ・緑

この3色が多いですね。ちょっと前は緑のCTRが良いみたいなネタがたくさんありましたが、結局ほとんどはデザインテイストと配色で決まっていると思います。

これだけでも、3の4乗で81通りのデザインパターンが用意できますね。
それに加えてデザイナーとしては、微妙に流行り廃りを感じとりながらボタンデザインを作っていくのですが・・・作るのは正直めんどうです。

ならばPSD化して共有する

ランディングページを1か月で5~10本以上(オリジナルデザイン)を完成させるペースで作業しているデザイナーなら、チーム全体でボタンだけをPSD化したファイルを共有しておくことをおすすめします。
これは、今から作っていくのではなくて、過去の制作物からボタンデザインだけを集めておくだけいいです。ベースのボタンデザインを移してきて微妙な流行り廃りだけ新規で調整していくといった具合に作業をすればいいかなと思います。

▼画像はボタンを集めてきたもの。実際はPSDで編集できるように素材を作り直してストックを増やしていく

並行して、ネットからLP集を集めてデザインフレームのみをPSD化するのもおすすめです。ストック数も増えますし、仕上げだけをご自身でオリジナルに調整すればどんどん作れます。

最後はアウトプット

そして完成したPSDファイルは、社内でも共有していきましょう。作業効率の成果は周りからも色々考えてくれる人と評価に繋がっていくかもしれません。

スポンサード広告 by google